すい臓ガン闘病日記

本当にすい臓ガンが消えた報告

菅沼正俊

Cancer is already cured

私は、2012年夏に、医者から、「末期膵臓がん」と診断され、「このままでは 何もしなければ余命3ヶ月、抗癌治療で半年から1年くらい」と、まさに「宣告」を受けました。

しかし、あれからまもなく5年が経過しますが、今も私は生きています。

それも、元気で楽しく暮らしています。仕事にも復帰しています。

気のせいかもしれませんが、死の宣告をうける前よりも体調は良いような気がします。

  これもひとえに 中川先生やご助言頂いた方々のおかげと感謝しています。

  私は、闘病中から「必ず私が癌に勝てるという信念を持ち、病を克服したら多くの人に自らの体験談を公表しよう」と思い詳細にスケジュールを記録し、検査結果の推移も保管しています。一例を、記しますので、癌にかぎらず 難病や生活習慣病・慢性病と戦っている方々もご参考にしてください。

  私が実践した事をご覧いただければ分かりになるように、膵臓癌 だからといって、腹回りだけに何かをしたわけではありません。

中川先生が推奨される

「まず 解毒して同時に必要なものを補い、自己の免疫力を高めて病気に勝つ」

という言葉を実践したのです。

詳しいことを、お知りになりたい方は、私の連絡先を記しますのでご遠慮なくご連絡ください。

私の体験談を心ゆくまでお話しさせて頂きます。

 

2014年9月16日 すべて異常なし

Copyright(C) Masatoshi Suganuma. All Rights Reserved